投稿日:2022年5月13日

ダンプドライバーとして働く際に注意することとは?

こんにちは!
福島県本宮市を拠点に、合材骨材製品・産業廃棄物の収集運搬、残土処理受け入れなどを承っております、忠興建材です。
これからダンプドライバーの仕事をはじめる方の中には、「働くときに、どんなことに気をつければいいの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、「ダンプドライバーとして働く際に注意することとは?」をテーマにご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

視界・視野


通常の乗用車と比べて、ダンプでは運転席からの視野・視点が異なります。
座席の位置が高いため、上からの視点で見渡せます。
しかし、普通乗用車で確認できるような部分が死角になるのです。
特に、左側後方部分は最も死角になりやすいとされています。
そのため、意識を集中させて運転することが大切です。
また、後方の確認が難しいため、駐車の際などバックするときには、第三者に後方確認をしてもらうと安心です。

車幅

最大でも2メートルほどの車幅である普通乗用車に対し、ダンプの車幅は最低でも2.2メートル以上あります。
対向車とすれ違う際や、細い道を走る際には、普段の車幅との違いも意識して運転しなければなりません。
できる限り細すぎる道の走行は控えましょう。

内輪差

前輪の内輪が描く円の半径と後輪の内輪が描く円の半径で生じる差を内輪差といいます。
内輪差を考慮していなければ、自転車や人などを巻き込んでしまう危険性があります。
ダンプを運転する場合は、普通乗用車を運転するときよりも更に注意深く運転することが必要です。

【求人】新規スタッフを募集中!


ただいま弊社では、ダンプドライバーとして勤務いただける新規スタッフの求人募集を行っています。
経験者の方はもちろん、トラックドライバーとしての経験がない方でも丁寧にサポートいたします。
スタッフが安心して働くことのできる環境をしっかり整えた職場です。
トラックドライバーの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ弊社求人にご応募ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

残土処理・残土処分なら忠興建材まで!

福島県で、残土処理・残土処分の業者をお探しなら、ぜひ弊社までご相談ください。
産業廃棄物の収集運搬を手掛ける弊社では、他にも残土や廃材・コンクリートくず・アスファルトガラ・木くず・鉄くずなど、幅広い品目を取り扱っております。
業界歴約42年の代表を筆頭に、豊富な経験を生かした柔軟な対応で、皆様のご期待にお応えします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

産業廃棄物収集運搬・残土処理は福島県本宮市の忠興建材|ダンプドライバー求人中
忠興建材
【事業所】〒969-1203 福島県本宮市白岩字柳内189-2
TEL:0243-44-2538  FAX:0243-44-2583
直通:090-3759-3206


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

忠興建材では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを …

ダンプドライバーの求人!

ダンプドライバーの求人!

こんにちは!福島県本宮市の忠興建材です。 弊社は、合材骨材製品・産業廃棄物の収集運搬のほか、残土処理 …

【求人募集】安心して働ける環境です!

【求人募集】安心して働ける環境です!

こんにちは!忠興建材です。 弊社は福島県本宮市に事業所を構え、合材骨材製品・産業廃棄物の収集運搬をメ …

お問い合わせ  採用情報